島田 浩二 しまだ こうじ

1978年、神奈川県生まれ。2001年、電気通信大学電気通信学部情報工学科卒業、松下システムエンジニアリング株式会社入社。札幌支社にて様々な携帯電話ソフトウェアの開発に従事した後、2006年に独立。2009年に株式会社えにしテックを設立し、現在に至る。また、2007年よりRuby札幌の主宰などを通じてプログラミング言語Rubyとの関係を深め始め、2011年からは一般社団法人日本Rubyの会の理事も務めている。

訳書・著書に『エラスティックリーダーシップ ―自己組織化チームの育て方』(翻訳、オライリー・ジャパン)、『Rubyのしくみ』(共訳、オーム社)、『なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎』(共訳、達人出版会)、『Ruby逆引きレシピ』(共著、翔泳社)、『プロダクティブ・プログラマ ― プログラマのための生産性向上術』(監訳、オライリー・ジャパン)がある。

ブログ:snoozer05's blog

職歴

2011年8月-現在一般社団法人日本Rubyの会(理事)
2009年6月-現在株式会社えにしテック(代表取締役)
2009年4月-2014年6月一般社団法人LOCAL(理事)
2006年4月-2009年5月個人事業主(プログラマ)
2001年4月-2006年3月松下システムエンジニアリング株式会社(エンジニア)

執筆・翻訳

エラスティックリーダーシップ―自己組織化チームの育て方
翻訳、オライリー・ジャパン、2017-05

複雑で変化の激しい問題に取り組みながら成果を出すチームとは、学習するチームであり、自己組織化されたチームです。そうした状態へとチームを導くには、どのようなリーダーシップが求められるのでしょうか。本書は「エラスティックリーダーシップ」というリーダーシップモデルをもとに、チームを学習する力のある自己組織化された状態へと育てる方法を解説する書籍です。

Rubyのしくみ
共訳、オーム社、2014-11

本書は、VMベースのインタプリタ型言語処理系であるRubyがコードをどのように解釈し、どうやって実行するか、そのしくみを解説するものです。Rubyについての基礎知識がなくても、図版と短いコードの実験を多用した構成により、そのしくみについて理解することができます。

なるほどUnixプロセス―Rubyで学ぶUnixの基礎
共訳、達人出版会、2013-04

並列処理やデーモン、プロセス生成、そしてシグナルといったUnixの基礎であるプロセスについてRubyで解説する、「今どきの」開発者に向けた新しいUnixプログラミングの手引きです。

Ruby逆引きレシピ
共著、翔泳社、2009-07

本書は、開発の現場で直面する現実の問題をRubyで解決する方法や、そのために必要な知識やノウハウを、レシピ形式で紹介する本です。実際の現場で扱うことの多いレシピを関連するカテゴリや目的別にまとめています。技術や概念の説明は必要最低限にとどめ、「やりたいこと」を実現するために「どのようなライブラリや機能をどう使えばよいか」を、サンプルコードを交えてわかりやすく簡潔に解説しています。

プロダクティブ・プログラマ―プログラマのための生産性向上術
監訳、オライリー・ジャパン、2009-04

生産性の高い人はそうでない人に比べ、同じ時間でより多くの仕事をし、より多くの成果を上げることができます。本書は、ソフトウェア開発におけるプログラマの生産性についての書籍です。プログラマ個人が、どのような意識を持ち、どのようなツールを使えば、単位時間当たりの仕事量を増やすことができるかについて示します。

講演・発表

その他の活動

  • Ruby札幌 主宰(2007-)
  • アジャイル札幌 運営メンバー(2012-2017)
  • 日本Ruby会議2007 当日スタッフ
  • 日本Ruby会議2008 実行委員
  • 日本Ruby会議2009 実行委員
  • 日本Ruby会議2010 運営委員長補佐
  • 日本Ruby会議2011 運営委員長
  • RubyKaigi2013 実行委員
  • RubyKaigi2014 実行委員
  • 札幌Ruby会議01 実行委員長
  • 札幌Ruby会議02 実行委員長
  • 札幌Ruby会議03 実行委員長
  • 札幌Ruby会議2012 実行委員長
  • Ruby&アジャイルソフトウェア開発セミナー2012 in 札幌 企画運営
  • アジャイルソフトウェア開発セミナー2013 in 札幌 企画運営
  • リーンスタートアップセミナー2013 in 札幌 企画運営
  • HOKKAIDOアイデアソン&ハッカソン 企画運営
  • Startup Weekend Sapporo vol.2 コーチ・メンター

問い合わせ

snoozer.05 gmail.com