but it's up to us to change

犬は吠えるがキャラバンは進む


2014-02-01 (Sat)

HOKKAIDO アイデアソン&ハッカソン2014

経済産業省北海道経済産業局さまの事業として実施されている「HOKKAIDO アイデアソン&ハッカソン」について、昨年に引き続き、イベントの設計と当日の進行を担当させていただきました。とっても、よかったなあ。終わってみて、うまく言えない良さ、を感じています。

今年も @june29 と @darashi と一緒にじっくりと話をしながら、イベントを設計していったのであった。今回も、どうもありがとう。設計のだいたいは https://speakerdeck.com/dara/mahoufalsehitotoki-the-magic-hour (とても良い発表だったなあ)に書いてあるとおりなのだけれど、このイベントをこんな感じに実装できたのは「何がしたかったんだっけ」「誰に来てほしいのか」「来てくれた人にどんな時間を過ごしてもらいたいのか」「ぼくら自身はどんな時間を過ごしたいのか」について、一つずつ向き合ってまっすぐに会話を重ねてきたことがとっても大きいんじゃないかなあ、と思っています。また一緒に、何かできたらいいな :-)

講演という形で力を貸して下さった @yusukebe さんと@r7kamura さん、昨年に引き続きチューターとして守りをがっしり固めてくださったチューターチームのみなさま(@tmaeda、@sandinist、@suzukiatsushi)、事務局をしていただいた北海道ソフトウェア技術開発機構のみなさま、そして参加して一緒にワイワイしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

Tags: hokkathon

新しい本と出会っていきたい自分のために「ほんのいちぶ」というサービスを作った

紀伊國屋書店さんでやっていた「ほんのまくら」フェアがとってもよくって。同じようなことを Web でできないかなーと思ってつくりました。

http://hontrance.herokuapp.com/

ブクログに登録されている任意の引用を入り口に、新しい本と出会える仕掛けとなっています。

「何か新しい本でも読みたいな」というときのお供に。